ジョン万が育った土佐清水

土佐清水の産業・文化

土佐清水って、こんなトコ!
清水サバや宗田鰹など海の幸を中心とした特産品、お祭りや花火などのイベントなど土佐清水の産業・文化の紹介をしています。

■主産業は水産業

漁の盛んな高知県の中でも、有数の水揚げ高を誇る土佐清水漁港。足摺岬沖の岩礁域の漁場でていねいに一本釣りされた大ぶりのゴマサバは「清水サバ」というブランド名で呼ばれ、その味は関サバにも匹敵すると言われています。土佐清水漁港では、この清水サバをはじめ、宗田節にするメジカなど、様々な魚介類が水揚げされています。

漁業

土佐清水は漁業が盛ん! 有数の水揚げ高を誇る土佐清水漁港 四国最南端の街、土佐清水は、好漁場である黒潮が近くを流れていることもあって、活気があり賑わっています。今日も魚を満載にして帰ってきた漁師たちの威勢のよいかけ声が市場の外まで響き渡ってきます。

農業

ポンカン・小夏などにも適した環境です おいしい柑橘類をつくるには、潮風の当たる海岸近くで、ある程度の標高が必要になってきます。土佐清水市では、この柑橘類に適した地形を活かし、冬場にはポンカン、初夏には小夏などの栽培が盛んに行われています。

観光業

海中公園やホエールウォッチングなどの観光 土佐清水ではホエールウォッチングといった洋上観光などがあります。また、竜串海中公園など海中の観光などもできます。もちろん、地上にも見どころがたくさん。土佐清水の壮大な風景があなたを待っています。


■清水サバなど海の幸をはじめとした特産品

豊かな自然に恵まれた土佐清水市では、海の幸をはじめとして、様々な特産品がつくられています。ブランドとして確立している清水サバなど、恵まれた環境にある土佐清水だからこそのものばかりです。

清水サバ

清水さば 歯ごたえと味は絶品! 一般的にサバというと刺身などには適さないと言われていますが、「清水サバ」は生きたまま水揚げされるので、土佐清水では刺身で食べるのが一般的な食べ方の一つ、しっかりとした歯ごたえと、うま味十分の刺身は一度食べてみる価値あり。

姿寿司

清水サバでつくった姿寿司 サバのうま味が凝縮 土佐清水特産の「清水サバ」でつくった寿司。肉厚のサバにほどよく酢が効き、食がすすむこと間違いなし。姿寿司の他に棒寿司もあり、通にはこの寿司の表面を炙った「焼きサバ寿司」が人気。

宗田鰹

宗田節 ソバ、うどんの定番 カツオの仲間、ソウダカツオ(メジカ)を燻製にして鰹節にしたもの。あっさりとしてコクのある味が出ることから、ソバやうどんのダシとして人気が高い。高知県の宗田節の生産量は全国の8割を占め、圧倒的なシェアを誇っています。


芳香完熟パイン

芯まで食べられるパイン 日本初、芳香完熟パイン 水を極限まで抑え、植物本来の生命力で栽培する永田農法を取り入れた日本初の完熟パイン。ギュッと詰まった実には、芳醇な香りと上品な甘味があり、芯まで食べられることが特徴です。

姫かつお

写真:姫かつお メジカを食べやすく ソウダカツオを生節の製法で焼き上げ、柔らかく食べやすいように味付けしたもの。しょうゆ味の他に、生生姜、辛みそ味、塩味、にんにく味などがあり、バリエーションも豊富。そのまま食べたり、サラダの具などに利用できます。


■土佐清水の祭り

市民祭など土佐清水のお祭りを紹介しています。

あしずりまつり

花火/あしずりまつり 土佐清水市民祭 毎年8月第二土曜日に開催される、土佐清水の夏の風物詩。あしずり祭りや御輿を積み込んだ漁船のパレードが行われ、夜には屋台が賑わう中、迫力満点の花火大会が開催される。

鹿島神社大祭

漁船のパレード
大漁旗 勇壮な漁船のパレード 毎年2月第4土曜日と、10月第3日曜日の2回、航海安全や豊漁を祈って行われる祭り。色とりどりの大漁旗を掲げた漁船が、御輿の乗る輿舟を先頭に海上をパレードします。そのさっそうとした出漁風景に脈々と受け継がれた海の男たちの心意気を感じることができます。



土佐清水・ジョン万次郎くろしお社中 リンク集 サイトマップ

ページトップへ